2018年に一作目の写真集『旅人』を刊行して以来、禅フォトギャラリーは西村の写真に対する姿勢を反映させながら、彼女の初期から近年の未公開作品を包括的に三部作として紹介しており、『続 (My Journey II. 1968-1989)』はその二作目となる。西村は旅の中で直感的にふと身体が動く瞬間を、粒子の粗いハイコントラストのモノクロスナップショットで表現した作品で知られている。1973年に最初の写真集である『しきしま』を刊行して以来、彼女は旅を続け、そのスナップショットのスタイルを貫いてきた。これまで刊行してきたそれぞれ異なる主題の10冊の写真集においても、旅の記録と私的なスナップショットという、彼女の手法の独自性が示されている。

70年代後半は、集中的に東京を撮影した。これまであまり縁がなかった城東、城北地区も広く歩いた。この頃は学齢前の娘を連れて撮影することが多かった。浅草でチャンバラの実演をしていた大道芸人に「おじちゃんと旅に出よう」と言われ、困った顔をしてふり向いた娘の表情を覚えている。
― 西村多美子『続 (My Journey II. 1968-1989)』あとがきより抜粋

-判型
219 × 250 × 13 mm
-頁数
156頁、掲載作品106点
-製本
ソフトカバー
-発行年
2020
-言語
英語、日本語
-エディション
700
-ISBN
978-4-905453-99-4

Artist Profile

西村多美子

1948年東京生まれ。1969年東京写真専門学院(現東京ビジュアルアーツ)卒業。主な出版物に『しきしま』(東京写真専門学院出版局、1973)、『熱い風』(蒼穹舎、2005)、『実存1968-69状況劇場』(グラフィカ編集室、2011)、『憧景』(グラフィカ編集室、2012)、『しきしま 復刻新装版』(禅フォトギャラリー、2014)『猫が・・・』(禅フォトギャラリー、2015)、『舞人木花咲耶姫 — 子連れ旅日記』(禅フォトギャラリー、2016)、『旅人』(禅フォトギャラリー、2018)、『旅記』(禅フォトギャラリー、2019)等。香港M+美術館に作品が収蔵されている。

Gallery Exhibitions