チェキ
サイズ:85 × 108 mm
プリント種類:インスタント写真
1点もの

 

「“己”の現実に対応する者は
“私”しかおらず
己の現実に対して
最善の写真行為を行う者は
私である

現実に縛られながら
現実を解いていく
百年生きても意味はない

己は霊と肉
私は写真に残存する

人は倫理の中で食べている
写真は時に禁忌を食べる

愛がそれを欲する
愛には倫理がない

愛に支配された時
写真は毒となる」

 

写真に命を懸けるのは勝手です。
誰が選んだ道でもない、自分で選んだ道です。

常に"私"と"己"、すなわち客観的"現実"と主観的"現実"の間で心身を捧げ、目の前の現実と同化し、目に見えない現実を形にすることが私の写真です。

現実は哲学です。
私は、その哲学を信じています。

私の哲学が現世、後世と誰かの心に触れ、伴走者になれたなら本望です。

私は写真でどこまで深く潜れるかに懸けているのです。

理想を追うことが作家の仕事です。

― 殿村任香

-判型
210 × 148 mm
-頁数
88頁、掲載作品: 41点
-製本
ソフトカバー
-発行年
2022
-言語
英語、日本語
-エディション
20

Artist Profile

殿村任香

1979年生まれ。大阪ビジュアルアーツ放送・映像学科卒業後、2002年より写真を撮り始める。2008年、自身の家族の日常を赤裸々に撮った「母恋 ハハ・ラブ」を赤々舎より出版。鮮烈にデビューし、世間に重い衝撃を与えた。2013年には、新宿歌舞伎町でホステスとして夜の人々と生きながら撮った「ゼィコードゥミーユカリ」をZen Foto Galleryより出版し発表した。近年の著作に「orange elephant」(2015年、Zen Foto Gallery)、「cheki」(2018年、Morel Books)、「焦がれ死に die of love」(2018年、Zen Foto Gallery)、「SHINING WOMAN #cancerbeauty」(2020年、Zen Foto Gallery)、「母恋 ハハ・ラブ」新装版 (2021年、Zen Foto Gallery)がある。また、国内のみならず海外での活躍も目覚ましく、2016年には香港のBlindspot Galleryにて開催された「Shikijo: eroticism in Japanese photography」展、2018年5月にはロンドンのDaiwa Foundation Japan House Galleryにて開催されたグループ展などに参加。また2022年3月から始まったパリのヨーロッパ写真美術館のグループ展「Love Songs」、4月からKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭において開催された10人の女性写真家によるプログラム「10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭」にも作品を出品している。