《梁太郎 傻瓜太郎》是一本收录了梁丞佑的自传散文的摄影书。
十多篇关于梁丞佑在韩国童年的记忆的文章,穿插在他长大后在世界各地工作时拍下的快照。

经常听别人说,童年记忆和「原始风景」在制作中扮演非常重要的角色。
因此,对于创作者来说,忘记童年是一件很严重的事情。
换句话说,那代表一直未能成熟的我,可以保持原样…。
这作品是关于无法成长的我的「原始风景」。
— 梁丞佑

Artist Profile

梁丞佑

韓国出身。1996年に来日し、日本写真芸術専門学校と、東京工芸大学芸術学部写真学科を卒業。その後、同大学院芸術学研究科を修了し、日本を中心に活動する。2016年に禅フォトギャラリーより刊行した写真集『新宿迷子』にて、新宿・歌舞伎町の街を居場所とする人々をモノクロームスナップショットで記録し、土門拳賞を受賞。2017年には同じく禅フォトギャラリーより写真集『人』を刊行した。同年パリのinbetween galleryにて個展を開催するなど、近年は国際的にも活躍の場を広げている。その他の写真集に『君はあっちがわ 僕はこっちがわ』(2006年、新風舎)、『君はあっちがわ 僕はこっちがわ II』(2011年、禅フォトギャラリー)、『青春吉日』(2012年、禅フォトギャラリー)、『青春吉日』新装版 (2019年、禅フォトギャラリー)、『The Last Cabaret』(2020年、禅フォトギャラリー)などがある。