高コントラストの白黒写真は、日本写真界においては伝統とも言える手法であろう。中藤氏の前身と言える森山大道は1970代、自身と戦いながら自然の極地の冷厳さを「北海道」において捉えた。対照的に、中藤氏の写しだす北海道は希望に溢れ、広大だ。彼の写真において「疎外」が顕著になるのは、巨帯都市東京を写す時である。「Sakuan, Matapaan」の中で写された道、鉄道、海、道路はどこか別の場所へ辿り、そこでも繋がりを、とらえどころのない愛を探し続ける

アイヌ語
Sakuan サクアン –冬が来る
Matapaan マタパアン –夏が来る

判型
182 x 257 mm
頁数
52頁2冊、掲載写真各38点
製本
ソフトカバー、2冊、函付き
発行年
2013
言語
英語、日本語
エディション
1000

Artist Profile

中藤毅彦

1970 東京生まれ。写真家

早稲田大学第一文学部中退、東京ビジュアルアーツ写真学科卒業

モノクロームの都市スナップショットを中心に作品を発表し続けている。

国内の他、近年は東欧、ロシア、キューバなど世界各地を取材。

作家活動とともに、四谷三丁目にてギャラリーニエプスを運営。

Gallery Exhibitions