エディション30(イメージ2種、各エディション15、2種類の表紙の本にそれぞれに異なるイメージのプリントが付属)
バライタ紙にデジタルプリント(作家のサイン入り)
紙/イメージサイズ:130 x 180 mm/91 × 141 mm

2008年に赤々舎より刊行され、一大センセーションを巻き起こした殿村任香の衝撃的デビュー作『母恋 ハハ・ラブ』。その後絶版となっていた写真集を13年ぶりに新装版として禅フォトギャラリーより刊行。表題のモノクロのシリーズ「母恋 ハハ・ラブ」37点と、今回が初収録となる8ミリフィルムで撮影された家族のドキュメント「光は心の闇にありて」をテレシネで再撮影したカラー作品19点で構成されている。

「嘘つきは貴方も私も同じことです。
撮ってしまったものを、他人様がどう見られようとそれは勝手です。
憎しみも裏切りもすべては愛だと写真は云います。
生きてるだけで喜劇です。
私は私の撮らなきゃならないことを撮るだけです。」

母の目に不条理を見る。
己を無くすことが愛なら、
抗えない世は不条理でしかなく

それでも
命があるならば

抗うことが唯一のことであり
その原動力は愛しかない。

― 殿村任香

-判型
180 × 260 mm
-頁数
108頁、掲載作品56点
-製本
ハードカバー
-発行年
2021
-言語
英語、日本語
-エディション
30

Artist Profile

殿村任香

1979年生まれ。大阪ビジュアルアーツ放送・映像学科卒業後、2002年より写真を撮り始める。2008年、自身の家族の日常を赤裸々に撮った「母恋 ハハ・ラブ」を赤々舎より出版。鮮烈にデビューし、世間に重い衝撃を与えた。2013年には、新宿歌舞伎町でホステスとして夜の人々と生きながら撮った「ゼィコードゥミーユカリ」をZen Foto Galleryより出版し発表した。近年の著作に「orange elephant」(2015年、Zen Foto Gallery)、「cheki」(2018年、Morel Books)、「焦がれ死に die of love」(2018年、Zen Foto Gallery)がある。また、国内のみならず海外での活躍も目覚ましく、2016年には香港のBlindspot Galleryにて開催された「Shikijo: eroticism in Japanese photography」展、2018年5月にはロンドンのDaiwa Foundation Japan House Galleryにて開催された「Double Method」展などに参加。2022年にパリのヨーロッパ写真美術館で開催予定のグループ展にも作品出品を予定している。