ごんたは前まで歌舞伎町でホームレスだった。梁は1998年に偶然撮影中にごんたと出会い、近いうちに二人は友人になった。ごんたが“そっちがわ”という時、梁は自身が“そっちがわ”の人間だと感じる。ごんたにとっては、その境界線は帰る場所があるかないかだという。梁にとって、ごんたは友達であるが、二人が境界線で隔たれている事を思うと胸が痛む。本書は2006に新風舎より出版された一作目の続編である。

Artist Profile

梁丞佑

韓国出身。1996年に来日し、日本写真芸術専門学校と、東京工芸大学芸術学部写真学科を卒業。その後、同大学院芸術学研究科を修了し、日本を中心に活動する。2016年に禅フォトギャラリーより刊行した写真集『新宿迷子』にて、新宿・歌舞伎町の街を居場所とする人々をモノクロームスナップショットで記録し、土門拳賞を受賞。2017年には同じく禅フォトギャラリーより写真集『人』を刊行した。同年パリのinbetween galleryにて個展を開催するなど、近年は国際的にも活躍の場を広げている。その他の写真集に『君はあっちがわ 僕はこっちがわ』(2006年、新風舎)、『君はあっちがわ 僕はこっちがわ II』(2011年、禅フォトギャラリー)、『青春吉日』(2012年、禅フォトギャラリー)がある。

Gallery Exhibitions