upcoming

禅フォトギャラリーは、2024年3月1日(金)から23日(土)まで山縣勉 「私の小さな宇宙」展を開催いたします。発表するシリーズごとに作風を変貌させる気鋭の写真家・山縣勉の『観察 SURVEILLANCE』(2018年、禅フォトギャラリー)に続く最新作である『私の小さな宇宙』は、以前からたびたび夢に現れる光景をコロナ禍で外出がままならなかった期間に山縣が過去の自身の作品や収集した古本等をコラージュして再現を試みた意欲的な作品集として昨年秋に刊行されました。今回はそれを記念し、未公開の新作も含め選りすぐりの作品を約20点展示いたします。また、会期中の金・土曜日には作家が在廊し、ギャラリーにて公開制作をおこなう予定です。是非ご高覧ください。

2020年からのパンデミックの中、私は自分の部屋に引きこもった。
過去に撮影した写真や収集した古い本、雑誌、新聞などに囲まれ、鬱々として長い時間を過ごした。
大量の記録を眺めるうちに睡魔に襲われ、幼少期からたびたび夢に出現する奇妙な光景と錯綜し始める。
皺が刻まれた肉の塊や人体の一部がゆっくりと変形しながら私に迫り、時には真っ暗な巨大な空間に一人取り残される。
また足が極端に長い動物が遠くに現れたかと思うと、密集し増殖する人の顔や粒に体が沈んでいく。
うなされるでもなく、わずかな恐怖と焦りを感じるそれらの夢が、一体何を意味するかはわからない。
きっと私の中に潜み、私自身を生み出し動かしている宇宙なのだろう。
私は部屋に散らばった紙片をひたすら眺め、ハサミで切りとり、糊で貼りつけ、夢の再現を試みた。
その作業は私の不安を落ち着かせ、心を外界に向かわせてくれた。

―山縣勉