upcoming

9月18日(水)から10月19日(土)まで、禅フォトギャラリー10周年記念展を開催いたします。禅フォトギャラリーは中国と日本の写真を専門に紹介するギャラリーとして、2009年9月18日に渋谷の地でマーク・ピアソンがオーナーとなり開廊し、2011年2月に現在の六本木に移転、以来現在までに80名を超えるアーティストによる163の展覧会を開催し、130タイトル以上の写真集を刊行してきました。そこでこの度は開廊10周年を記念し、これまで禅フォトギャラリーで刊行した全ての出版物を一堂に会する形で展示し、10年の歩みを振り返る展覧会を企画しました。開廊当初から展覧会開催と並行して、印刷物として作品を残すために制作してきた出版物を年代順に展示することで、これまで禅フォトが関わってきた作家と彼らの作品を改めて紹介するとともに、プロダクツとしての出版物が10年という時間を経ていく中でどのように発展を遂げているか俯瞰的に観ていただくまたとない機会となります。ぜひご高覧ください。

「ギャラリーを始めたさまざまな理由の根底にあるのは、もっとやらなければならないという気持ちだった。素敵な家族とキャリアを持っていること以上に、社会にポジティヴな方法で変化を起こそうとするべきである、という感覚の芽生えが私にはあった。私の経済的キャリアは素晴らしい知的挑戦であり続けたが、もし経済的成功が私個人の幸福感をむしろ減少させているとしたら、これは社会一般にも当てはまるのではないかと思った。私はJ・S・ミルとケインズの所感に同感した。物質的な繁栄が増すと生活の質を改善できるはずだ。禅フォトギャラリーは、私自身と他の人々の生活の質の向上に向け、ささやかながら私が調整役を果たすための手段となった。

そこで2009年に禅フォトギャラリーを開始した。理想は高いが経験はなく、純朴さと無知の塊だったが、熱意と学習意欲はあった。そして多くの友人や仲間のギャラリーオーナーからの善意、多くの写真家の作品を見せたいという情熱があった。アマンダ・ロも経験の浅い新卒だったが、私たちは一緒にギャラリーを始め、そして、彼女は10年の大部分を勇敢に働いてくれた。私たちはどちらも日本人ではない。そのため、必然的に間違いを犯し続ける。非常に多くの不利な点があるため、10年後の今ここにい続けているのは奇跡とも言える。そもそも出版社を始めるつもりはなく、これはあとからの思いつきだった。展覧会の後に作品の記録を残したいので、私たちは印刷でしか入手できないであろうシンプルな作品カタログを作った。 10年後の今、禅フォトギャラリーによる130の出版物がここにある。この10周年の展覧会でそれらすべてを見せるつもりだ。」

——マーク・ピアソン

この度、禅フォトギャラリーは西村多美子写真集『旅記』の刊行記念展を開催いたします。

1987年から2018年までにアジアとヨーロッパで撮影された作品群より未公開の写真を含め、40点の銀塩プリントを展示します。

なお、写真集『旅記』はギャラリーにてサイン本をお買い求めいただけます。

「アジアを旅していると、なぜか懐かしい気持になる。小学校へ上がる前のことだが、あの頃、母から近所の蛇崩川にかかる田端橋を渡ることを禁じられていた。渡った先に車の往来がある広い通りがあるからだ。しかし、向こう側へ行きたくて母に黙ってひとりで遠征するようになった。通りを渡ると、そこには住宅があり、尼寺がある。左手に行くと木々が鬱蒼と茂り、昼間でも薄暗い一画があり、私は「オオカミの森」と名付けていた。さらに進むと、まだ未舗装だった環七通りに出る。さすがに心細くなり引き返すのだが、その境界を超えていく時の期待感と、秘密が隠れていそうな場所が普段の安心できる世界に繋がっている不思議さに、歩いてゆく私は微妙な心地よさを感じていた。(中略)

1993年春、3年間続けた編集の仕事を辞め、夏にポルトガルに行った。大学でポルトガル語を専攻していた友達がいて、話しているうちに、一緒に行くことになった。リスボンからギマランイスまで北上し、その後ポルトから夜行寝台列車で一気に南下してプライア・ダ・ロシャで過ごした。再びリスボンへ戻った時は、道路に落ち葉が舞い季節が変わっていた。このポルトガルの旅で、海外を旅して写真を撮ることの気構えができたと思う。

旅の行先はちょっとしたきっかけで決まることが多い。2010年にはエリック・サティの故郷で、フランソワーズ・サガンの最晩年のヴィラがあったフランス、ノルマンディのオンフルールに行った。子供時代に好きだった怪盗ルパンの家があるというエトルタにも立ち寄った。さらに2011年にプラハに行ったのは、私の大叔父の回顧録の中に『プラハのユダヤ人墓地へ行った』という一行があったからである。また、2013年イタリアのサルディーニャは、米映画で悪党が出身地を聞かれ『サルディーニャ』と答えたのを憶えていたからだった。普段は忘れている何ということもない記憶が折にふれて立ち上がり、旅先へ誘うのだ。」

ー西村多美子『旅記』あとがき「記憶と旅」より