何年か前、陳偉江は婷婷(Ting Ting)という偶然出会った若い女の子についての手作りの写真集を制作した。私がその本を共同出版に変えて一緒に作らないかと提案したとき、陳は返事を渋った。その女の子からイメージを使用して良いという確実な返事を貰ってなかったからだった。私たちはその時別のプロジェクトで一緒に仕事をすることにした。しかしそれからまた2、3年後、陳にマカオの女の子との別の出会いがあった。”oh my little girl” はそこから生まれた。

陳偉江は1976年香港生まれ。父は新聞社のカメラマンとして、母はマカオのカジノで働いていた。1988年、彼は香港の新法書院に入学するも、わずか一年でドロップアウトした。それから長い間、彼はレストランやオフィスのボーイなど職を転々とする。10代の頃から何とはなしに写真を撮り始め、完全な独学と独立独歩の精神で写真にのめり込んでいった。彼は常にモノクロフィルムで写真を撮る。

5年以上前から、陳は全ての時間を写真に集中するために仕事を辞めた。自らのプリントとハンドメイドの写真集の販売が彼の主な収入源である。険しく細く、かつ宿命づけられた写真家としての道に彼は決して揺らがなかった。これまでに『灣仔(2011)』、『啊~(2011)』、『䆾䆾(2012)』、『日常的愛(2013)』、『係香港(2014)』、『金鐘(2015)』、『警像(2015)』、『兄弟(2017)』、『我最初面紅(2017)』など20冊以上の写真集を自費出版している。2015年には禪フォトギャラリーと展示に合わせて『油麻地』を出版し、今回の『oh my little girl』は2回目の展示に合わせた出版となる。

「写真に関して言えば、俺は自分をどうしようもない”ろくでなし"に分類するだろう。正直に言うと、写真がなくても俺は死にはしない、いつだって俺は写真がなくても生きていける。実際シャッターを押すことは些細なことだ。俺は写真を撮る。だけどそれは俺がしたいようにすれば良いってことじゃない。俺の写真の中の景色はすでに存在していた。他の誰かが写真を撮っても構わなかったわけだし。いずれにせよその景色は変わらない。俺はただ偶然撮っているだけ。俺がすごいだって?いや、それは大したことじゃない。」

ー陳偉江、2013年9月

"oh my little girl"について私は何を言えばいいだろうか?今の段階では分析し過ぎる必要はないだろう。私は知っていることだけを言おう。これは扇情的で、粗野でありながら優しく、露骨だ。性的で型破りだ。率直で観る者を動揺させる作品だ。陳は未だボタンを押しながら限界を探り続けている。

ーマーク・ピアソン(禅フォトギャラリー)

Artist Profile

陳偉江

陳偉江は1976年香港生まれ。父は新聞社のカメラマンとして、母はマカオのカジノで働いていた。1988年、彼は香港の新法書院に入学するも、わずか一年でドロップアウトした。それから長い間、彼はレストランやオフィスのボーイなど職を転々とする。10代の頃から何とはなしに写真を撮り始め、完全な独学と独立独歩の精神で写真にのめり込んでいった。彼は常にモノクロフィルムで写真を撮る。

Publications & Prints