Artist Profile

倉田精二

1945年 東京・日本橋生まれ。1976年、東京芸術大学絵画科卒業。同年、東松照明が中心となって開講されたワークショップ写真学校の第1期生として写真を学ぶ。1980年に「Flash Up」にて第5回木村伊兵衛賞 を受賞。以降、国内外で精力的に活動し、近年では2017年「Autophoto」Fondation Cartier pour l'art contemporain(パリ、フランス)や2018年「Another Kind of Life: Photography on the Margins」Barbican Art Gallery(ロンドン、イギリス)などの国際的なグループ展にも参加した。代表的な作品集に『FLASH UP』(1980年、白夜書房)、『フォト・キャバレー』(1982年、白夜書房)、『大亜細亜』(1990年、IPC)、『'80s FAMILY』(1991年、JICC)、『Quest For Eros』(1999年、新潮社)、『Flash Up』(新装版、2013年、 禅フォトギャラリー)などがある。2020年2月27日逝去。

井上青龍

1931年高知県土佐市生まれ。

1951年より岩宮武二に師事。大阪・釜ヶ崎地域の写真を撮り続け、1961年に「人間百景—釜ヶ崎」で第5回日本写真批評家協会新人賞、カメラ芸術新人賞を受賞する。

1976年に大阪芸術大学芸術学部写真学科講師となり、1977年に同大学助教授、1987年に同大学教授となった。

しかし1988年、奄美大島での撮影中、波にさらわれて事故死した。享年57。

Publications & Prints