禪フォトギャラリーは7月3日から7月25日まで、橋本照嵩の個展を開催いたします。禪フォトギャラリーでの3回目の個展となります。

本展では、橋本照嵩が1971年に撮影した熊本県五木村出ル羽の里と、1973年に撮影した長野県木曽開田村の写真を「子守り唄のふるさと」と題し、17点の銀塩プリントで展示いたします。展覧会図録は9月中旬に禪フォトギャラリーより刊行いたします。

子守唄のふるさと——70年代日本の風土と暮らし

子供のときから身に染みついた生活の臭い、匂い。
人が人らしく、自然が自然らしくあった70年代。
子守り唄の悲哀感はお地蔵さんの祈りなのでした。

ー橋本照嵩

Artist Profile

橋本照嵩

1939年、宮城県石巻市生まれ。1963年、日本大芸術学部写真学科卒。1974年、写真集『瞽女』出版(のら社)にて日本写真協会新人賞受賞。同年「15人の写真展」(東京国立近代美術館主催)へ「瞽女」を出品した。1979年から1981年にかけて韓国にて李朝民画を撮影し、講談社より「李朝の民画」上下二巻セットを刊行した。近年は2011年に被災した故郷の石巻へ定期的に帰郷し撮影するなど精力的に活動している。

Publications & Prints